tai401.png
tai402.png
tai403.png



ヒトメタニューモウイルスの関与が疑われる呼吸器感染症の集団発生とその対応について

(第一報)



【1.概要】
当院において2020年1月21日以降、発熱、喀痰を伴う喀嗽、咽頭痛等を呈する入院患者様が同時期に複数発生したため、院内感染を疑い1月30日に大阪府吹田保健所に報告、2月5日より大阪大学医学部附属病院感染制御部にもご相談させて頂き対策を講じて参りました。
うち、胸部CT検査で肺炎または気管支肺炎と診断された方が16名、その他の方は上気道炎と診断しております。
2月21日現在、有症者は6名、累計患者数は77名(うち患者67名、医療スタッフ10名)となっています。ほとんどの方が3~16日の経過で軽快されておりますが、そのうち5名は、内科的治療を要する状態と判断され、他院へ転院しております。
患者様の同意を得て、咽頭ぬぐい液の検査を行ったところ、6検体中5検体でヒトメタニューモウイルスが陽性になりました。また、同時に他の呼吸器ウイルスや細菌の検査を実施しましたが、ヒトメタニューモウイルス以外の有意な病原体は認められませんでした。これらのことより、今回の事象をヒトメタニューモウイルスの院内感染と判断いたしました。
当院において類似した症状の患者様が多数発生した事実を重く受け止め、現在、大阪府吹田保健所、大阪大学医学部附属病院感染制御部、大阪健康安全基盤研究所のご支援を受けながら、感染の終息に向けて病院をあげて対策を講じているところです。
 

【2.感染対策】
院内感染対策委員会が中心となり、院内での情報共有を行い以下の感染防止策の徹底に努めております。
    ① 入院制限
    ② 手指衛生(スタッフ、患者様とも)
    ③ 個人防護具(手袋やエプロン等)の適正使用
    ④ 環境整備の徹底(高頻度接触面の頻回の消毒等)
    ⑤ 発症した患者様の速やかな隔離
    ⑥ 院内作業療法、行事等を中止(濃厚接触の回避)
 

【3.今後の対応】
大阪府吹田保健所、大阪大学医学部附属病院感染制御部、大阪健康安全基盤研究所のご指導をいただきながら、上記感染対策のさらなる徹底により、感染拡大の防止と、発症した患者様の重症化防止を図り、院内感染の早期終息に努めて参ります。
入院中の患者様やご家族をはじめ各方面にはご心配とご迷惑をおかけしますが、当院の院内感染対策にご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
今後の経過につきましては、当院のホームページにて随時報告させていただきます。
 

    ※ヒトメタニューモウイルスについて
主に小児で呼吸器感染症の原因となることが知られていますが、成人でも上気道炎症状、重症化すると肺炎を引き起こすことが報告されています。
 
2020222
 
                                                                                            榎坂病院 院長 関山 隆史




bar_ue.png

bar001.pngga001_moji.png
    医療法人 松柏会 榎坂病院
    ◆ 診療科目:精神科 神経科
    ◆ 診療時間:午前9時-正午
    ◆ 受付時間: 午前8時30分-11時30分(初診は11時まで)
    ◆ 休診日:土曜 日曜 休日(年末年始)
    ◆ 所在地:〒564-0063 吹田市江坂町4丁目32ー1
          TEL 06-6384-3365 FAX 06-6384-3446
    ◆ 車 で:新大阪、千里中央から約10分
    ◆ 電車で:北大阪急行緑地公園から南へ徒歩7分
    ※詳しくは「外来診療」「アクセス」をご覧ください。

bar_shita.png

mm16001.pngmm16001.png
mm16002.pngmm16002.png
mm16003.pngmm16003.png
mm16004.pngmm16004.png
mm16005.pngmm16005.png
mm16006.pngmm16006.png
mm16007.pngmm16007.png
mm16008.pngmm16008.png
mm16009s.pngmm16009s.png
mm16010s.pngmm16010s.png
mm16011.pngmm16011.png
mm16012.pngmm16012.png
mm16017.pngmm16017.png
mm16014.pngmm16014.png
mm16016s.pngmm16016s.png